ウイルスとゾビラックスのお話

去年の今頃だと思うのですが、下半身の部分に異常なかゆみを感じ、病院の先生から処方を受けたのがゾビラックスです。

先生の話によると、ウイルスが感染することで、痒みが起こり、起こっているそうです。そのために、ゾビラックスの薬を処方してもらいました。

ここのサイトにも欠かれているように、1型ウイルスに感染してしまうことで、どうしてもそのまま放置していたら、痒みが収まらないほどの症状になってしまうとのこと。

病院に行ってよかったと思っている。

実は、このかゆみは大人だけでなく赤ちゃんも起こるそうです。出産時に母親から感染してしまうケースがあるそうで、出産時一ヶ月以内に、母親を含めた家族などから感染してしまうケースが有るために、もしウイルスの観戦がある場合は、一度病院で診てもらうのがいいのかも。

前に病院からゾビラックスのお薬をいただけるケースもあるそうです。

 

とりあえず、ウイルスの場合は、発症したら、直ぐに病院や専用の薬であるゾビラックスを服用することが大事。発症してからでは効果がなく、そのまま進行しているとどんどん症状が活発になるために、違和感を感じた場合、今までとは違うような肌の痛みや痒みを感じたら、直ぐに病院や薬を服用すること。

 

何よりも早さが重要です。

kusuri

違和感を感じた時に対策を取る

人間の体はいろんなもので出来ています。感覚神経とは、自分ではわからないものなんですが、存在している神経のこと。
私たちの体の中には様々な神経が編みのように張り込められています。わかってい入るのですが、目では見たことありません。この神経には大きく分けて感覚の期間から届いた刺激を感じたり、命令を出したりする中枢神経と、その神経に刺激を伝えたり、筋肉に命令を与える末梢神経が有ります。
皮膚や目、耳、鼻を受けた刺激。

この神経の役割はすごく大切ですが、シゲキが強すぎることで、痛みや痒みなどをうけてしまいます。ウイルスが刺激を与えることで、痒みが起こるのも、ヘルペスや帯状疱疹もこの系統になります。

もし違和感を感じたら、すぐに治療薬を服用する音になります。